北海道から、たまには全国まで、自由気ままに遊び,美味いものを食べる!!人生を楽しむ、見た目がチャラいアラサー男のグルメ・観光ブログ

人生二度なし。親から貰った1度の人生。北海道を中心にグルメ・観光情報をお届け!!このサイトの画像等は、無断転載は禁止でお願いします。

K-1 WORLD GP 2018 JAPAN「小澤海斗」VS「芦澤竜誠」史上最も危険な戦いは「芦澤」の勝利!!~有言実行の芦澤選手は素晴らしい。でも、世間のツイッターなどで負けた小澤選手に対する非難の言葉はどうかしてる~

2018年9月24日

 

K-1史上最も危険な戦い”が・・・・

 

小澤海斗VS「芦澤竜誠」

 

結果は、1ラウンドに2度のダウンをとった「芦澤竜誠」の判定勝利!!

 

headlines.yahoo.co.jp

 

f:id:kirakiralion:20180925155920p:plain

【画像:efight 引用】

 

 

 目次

 

 

 

 

 小澤海斗

 

f:id:kirakiralion:20180925090348j:plain

 【画像:K-1ホームページ引用】

所属・ジム K-1 GYM EBISU FREE HAWK
生年月日 1993.4.27         
出身地 福島県
ファイトスタイル サウスポー

 

 

芦澤竜誠

 

f:id:kirakiralion:20180925154942j:plain

 【K-1 ホームページ引用】

所属・ジム K-1ジム総本部チームペガサス
生年月日 1995.5.1
出身地 山梨県
ファイトスタイル オーソドックス

 

 

 

二人の戦いの始まり

 

・6月17日の第2代K-1フェザー級王座決定トーナメント後、SNS上で「芦澤竜誠」が

小澤海斗」に「おい、1回戦不発の小澤くん。俺も準決で負けちゃって負け犬だけ

ど、負け犬同士、9月タイマンするしかないだろ」と言ったことが始まり・・

これに対し、「小澤海斗」は「上等だよ。またやる気にさせてくれてさんきゅな。これ

決定で」と返し、二人の戦いが決定!!

 

戦いが決まってから、メディアを通しての2人のバトルや、記者会見や計量でも「乱闘騒ぎ」が・・・

 

 

 

記者会見乱闘

 

 芦澤:「あいつ、俺に喧嘩うっておいて、負けて腐ってんじゃねぇよ。」酒を飲んでるときに、ツイッターで宣戦布告。「俺にやられて腐ってもらう」

 

小澤:「まず、喧嘩うってきたのはお前の方だけどな」

   「俺も男なんで、この喧嘩買うしかないと思って」

 

芦澤:「俺なんか逆にお前なんか眼中にないから」

   「お前と戦って俺になんの得があるんだよ」

 

小澤:「口うるせーよ、ナマズ君」

 

乱闘勃発!!

 

さらに前日計量では・・・

 

 

計量乱闘

 

 小澤選手は57.4kg、芦澤選手はフ57.5kgでそれぞれ計量をクリアー。

 

そして、撮影の際に、その場で顔を近づけてのにらみ合いへ!

 

ここで芦澤選手が手を出し、乱闘へ

 

試合前から、バチバチで、今年の試合でこれほど盛り上がる試合はない!

 

この日、芦澤選手は「俺は絶対に倒しに行く。人生を懸けて絶対に倒す」

 

小澤選手は、「明日、見ててください」とコメント。

 

この段階で、二人には、覚悟の違いがあったのか・・・・

 

肝心の試合は・・・・

 

 

 

試合内容

 

・1R

「芦澤が積極的にしかける。そして、打ち合いの中で小澤が後ろ蹴りを放ったとこ 

ろでバランスを崩して倒れ、これでダウンをとられる。さらに、芦澤が右ハイキックで

今度は完璧な2度目のダウン。パンチでラッシュを仕掛ける芦澤だが、小澤は逃げ切

る。」

 

・2R

「小澤はバックハンドブローやパンチでボディを攻めていき、ヒザ蹴りも。対して、芦

澤はハイキックや長いリーチの右ストレート、さらにヒザ蹴りを放つが、芦澤の勢いが

やや弱まる。」

 

・3R

「小澤は前へ出て後ろ蹴りを連発。逆転を狙ってパンチで攻める。対して、芦澤は

パンチやヒザ蹴りで打ち返す。結果は、判定へ・・・」

 

・判定

3-0で「芦澤」の勝利!

 

芦澤:「みんなこの試合を楽しみにしていたけれど、俺は1Rに絶対KOしてやろうと

思っていた。間に合わなくて、3Rは俺が逃げるみたいになっちゃったけれど、こんなも

んじゃないんで。もっと上に行くので。俺がヒール役(悪役)みたいになっているけれ

ど、K-1は俺みたいなヒールが一番になってもいいと思っている」

 

 

試合後のSNSなど(世間の声)

 

「小澤引退しろ」

「引退しかなくね」

「小澤弱い」

「ダサイ」

「引退だけはやめて欲しい」

「いつまでも応援する」

 

個人的な意見

 

・格闘技だけではなく、人生は、勝者が全て。試合は、必ずどちらかが勝ち、どちらか

が負ける。格闘技の世界は甘いものではない。この中で、有言実行した「芦澤選手」は

さらに強くなったと思う。

反対に、小澤選手は負けてしまったけど、「さっさと引退しろ」「ダサイ」とかいうの

はおかしい。引退するかどうかは、本人が決めることだし、きつい練習に耐えてきて、

プレッシャーの中、リングに立って戦ったのに、この言葉はおかしい。

戦いの世界だから、負けて「弱い」と言われるのは仕方ないことだと思う。でも、何も

頑張ってない人間が小澤選手に「引退しろ」というのはどうかと思う。

 

格闘技ではないが、私も躓いた時期があった。

その時、恩師に言われた言葉がある。

「負けたら終わりじゃない。本当の終わりは、やめたら終わりだ。」

小澤選手は、どうなるかわからないけど、また、リングで彼の姿が見れるのであれば、

応援してあげたい。

 

 

 

試合明けのコメント

 

芦澤選手:「小澤くん!やり方は下品だったかもしれないけど一緒に盛り上げてくれて

ありがとう! KOじゃないとタイマンはドローか・・・ 小澤君との試合、震えるほ

ど楽しかった。 またいつかやりてーな」

 

 

芦澤選手はもっといいファイターになりそうですね。

 

小澤選手も、もう1度這い上がって欲しい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村