北海道から、たまには全国まで、自由気ままに遊び,美味いものを食べる!!人生を楽しむ、見た目がチャラいアラサー男のグルメ・観光ブログ

人生二度なし。親から貰った1度の人生。北海道を中心にグルメ・観光情報をお届け!!このサイトの画像等は、無断転載は禁止でお願いします。

神の子、山本“KID”徳郁さん死去・・・がん公表後、わずか1カ月弱・・・「みんなに愛された格闘技界の英雄、本当に強くて誰よりも勇敢な男」・・同世代ライバルがKIDさんの死を悼む・・・・

 

 18日に、格闘家、山本“KID”徳郁さんが死去したことが、ジムの公式サイトで発表された・・・

 

8月にガンと戦っていることを公表した「山本“KID”徳郁さん」

 

そのわずか1か月後に本当に悲しいニュースが流れた・・・

 

www.daily.co.jp

 

目次

 

 

 

 

山本“KID”徳郁

 

f:id:kirakiralion:20180918221225j:plain

【画像:DREAMホームページ引用】

生年月日 1977年03月15日
身長 163 cm
バックボーン レスリング、修斗

 

 

個人的にも「山本“KID”徳郁さん」は青春時代からの英雄でした。

 

私が、ボクシングを始めたきっかけも「山本“KID”徳郁さん」みたいに強い男になりたかったから・・・

 

テレビで見る「KID」さんは、強くて、カッコよくて、男らしくて、当時の中学生の男子の中では英雄で、学校でもいつも「KID」さんの話題で盛り上がってました。

 

中でも、一番鮮明に覚えているのが、この戦い!!

 

山本“KID”徳郁VS村浜武洋

 

www.daily.co.jp

 

 テレビで出てきた選手は、誰よりも引き締まった身体、筋肉がすごい、そして、誰よりもギラギラしていた・・・

 

面白い選手の登場に、テレビに釘付けになりました。

 

そして、この試合が、「KID」さんのK-1デビュー戦!

 

結果は、見事KO勝利!

 

その後も、K-1、DREAM、HERO'S、UFCと格闘技界で、大活躍!

 

2004年の大みそかでは、あのK-1ミドル級の元王者「魔裟斗」さんとも戦いました!

 

山本“KID”徳郁VS魔裟斗

 

www.nikkansports.com

 

 結果は、魔裟斗選手の勝利でしたが、身長や体重では不利だったにもかかわらず、魔裟斗選手からダウンもとりました。

 

そして、2015年には、一夜限りの復帰戦ということで、再び魔裟斗選手と対戦。

 

この二人の戦いは、間違いなく、日本中を盛り上げました!!

 

追悼コメント

 

戦友の悲報に同世代の選手たちは・・・

 

魔裟斗さん

「2004年大晦日に対戦して以来 格闘技界を一緒に盛り上げてきた大事な仲間が逝ってしまった」

「リングとは違う優しい顔で、お子さんと遊んでいた姿が印象的でした」

「2015年に対戦した時には試合終了後に『また 10年後に!』と言っていたのにとても残念です」と綴ったそうです。

 

宇野薫さん

「今は言葉がみつかりません…心よりご冥福をお祈りします」

 

須藤元気さん

「山本KIDさん、楽しい格闘時代を共に過ごせた事を誇りに思います。心からご冥福をお祈りいたします」

 

元妻MALIAさんは・・・

MALIAさん

「急な事に頭も心も整理がつきません」

 

格闘技の選手たちだけではなく、格闘技ファン、山本KIDファンの間にも悲しみが・・・

 

私もかなりショックです・・・山本KIDさんには、試合を通して勇気をもらったから・・・

 

また、試合以外にも格闘家としてではなく、山本KIDという一人の男の姿に感動した話もありました。

 

 

 

山本KIDの勇敢さ

 

2012年、終電間近に多くの人でごった返す東京・都営浅草線五反田駅構内の線路

に、老齢の男性がホームから転落した。落ちた男性は、額から大量の血を流し、ぴくり

ともしない。しかし、その場にいた誰もがいつ来るかわからない電車に怯え、何もでき

ずにいた。そこへ割ってはいってきたひとりの男性──人気格闘家の山本“KID”徳郁だった。 素早い動きで、線路に飛び降りると、男性を抱え上げようとした。

「KIDさんの男気に勇気をもらい、ためらっていたサラリーマンたちも線路に降りて、

危機一髪、みんなで男性を抱え上げた」

 

当時の「山本KID」さんのコメントは・・・

「あのときは電車が来るほうをパッと見て、“来ないな、よし、行かないと”って、それ

ばかりでした。でも実際倒れていた男性を抱えてみたら、気絶してぐったりしてて重く

て少ししか持ち上がらなくて。“うわぁ…どうしよう…”って思ったら、他の人も降りて

くれて助けてくれた。そんときちょっと嬉しかったね。人の命、助けようとして一緒に

なってがんばる人がいるんだって」

 

そして「山本KID」さんは最後にこうひと言。

「あの後、おじさんがどうなったか心配で。記事に載るなら、そこに書いておいてくださいよ」

 男性は、裂傷程度で大事に至らなかったらしいです。

 

【一部NEWSポストセブン引用】

 

このニュースを聞いたときは、勇気をもらいました。

自分も「山本KID」さんのように、勇敢で強い男になりたいと思いました。

格闘家として、強いだけではなく、命をかけて人を守れる本当に強く勇敢な方。

 

最後に

 

私は独りのファンですが、「KIDさん、たくさんの勇気をありがとう。心からご冥福

をお祈りいたします。どんな時でもKIDさんみたいに強く、勇敢な男でいられるよう

に頑張ります。」

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村